女性がイク時のサイン

 

骨盤付近の様々な器官は、女性がオーガズムに達すると反応します。大陰部は上方へ移動し、小陰部は膨張、膣血管の充血などがあります。

 

これらの反応は性器血管拡張による充血反応で、特に小陰部の偏食反応は、オーガズムを起こす確実な証拠を示すと言われています。

 

勃起増大薬,サイズプロウルトラ

クリトリスも勃起しますが、男性のペニスとは異なり、刺激が加わると包皮内後退して隠れてしまうことがあります。

 

膣の場合は、充血に伴って膣内に発汗現象が表れ、膣の開口部から三分の一の部分が収縮し、奥の三分の二の部分が拡張します。

 

阿多、性的興奮によって子宮の位置が上昇するため、膣は深くなります。この子宮の上昇と膣の奥の拡大反応を、専門用語で「テント現象」といいます。

 

良く男性もズボンの中でペニスが勃起してしまい、ズボンが盛り上がることを「テントを張る」といいますが、女性もテントを張るのです。

 

性的興奮が著しい場合は、衆参の時と同じような子宮の収縮と腹筋の収縮によって腹圧が上がります。俗に押し出しと言われるように、この腹圧によって挿入したペニスが押し出されることもあります。

 

その後、興奮がやや収まると同時に膣筋が緩み、膣内液が押し出される現象を起こします。この状態になると、女性はオーガズムから正常な状態に回復に向かっている状態だと言えます。

 

しかし、この状態の時にもう一度性的な刺激を与えると、前回以上の快感を感じることもあります。