日本人男性の精子が少なくなってきている

日本人男性の精子が少ない

精子の数が少なくなってきているということは、いまや日本だけでなく世界中で起こっていることです。

 

その原因として考えられていることは、ストレスによるものや、食生活の変化、また環境ホルモンの分泌説などがあります。しかしまだ完全には突き止められていないのが現状です。

 

そんな中、その状況を打破するために製造されたある薬が脚光を浴びているのです。それは人体に必要だとされている亜鉛を含む薬です。

 

亜鉛は男性の生殖機能を促進吸うことがわかり、亜鉛を含んでいるサプリメントなどが海外では大反響を呼んでいるのです。

 

亜鉛は玄米や麦、牡蠣などに含まれていますが、加工食品が多い現代の食生活ではなかなか摂取するのが難しいのが現状です。

 

また、加工品や添加物が含まれている食品を食べると、添加物を分解するのに体の肝臓は亜鉛を使うので、さらに亜鉛不足が深刻になるのです。

 

そこで考えられたのが、不足しがちな亜鉛をサプリメントとして補うということです。

 

体の中で亜鉛が必要なのが生殖器です。特に精子を製造するのに前立腺にたくさん含まれています。性行為と亜鉛の関連の研究は世界各国で進められています。

 

亜鉛製剤などは海外でまず製造販売されました。日本では薬事法という法律のために、どうしても海外に比べると、新薬の開発へのハードルが高いために、商品化が遅れてしまうのです。

 

海外から取り寄せて、亜鉛サプリメントを飲んでいる人の中には、効果を実感できている人もかなりいるようです。

 

さらにマムシやすっぽんと比べると、即効性もあるようです。今までいろいろと精力剤を試してきたけれども、いまいち効果がなかったいう方には、亜鉛を一度試してみる価値がありそうです。